西東京中央総合病院 看護師採用サイト(西東京市/医療法人社団 東光会)/教育

TOP > 教育

教育方針・教育目標

教育方針信頼される看護を実践するために
自己の感性と技術を磨き看護師として成長できる
教育目標
  • 1.専門知識・技術を深め人間性豊かな人材を育成する
  • 2.個人の持つ能力を発展させ主体性を高める
  • 3.学習意欲を高めるための環境を作る

クリニカルラダー

当院のクリニカルラダーシステムは看護師 I ~ V 段階、准看護師 I ~ II 段階で構成されています。
ラダーの段階に応じた院内研修プログラムを組み込んでおり、より高いラダーを目指す事ができ、
個々のキャリアを開発していくための動機づけを目的にしています。
ほとんどの研修は時間内に行います。

レベル I基礎看護技術
医療安全研修
救急看護
看護倫理と看護観
病棟ローテーション研修
レベル IIメンバーシップ
リーダーシップ I
救急看護
ケーススタディ
プリセプター研修
レベル IIIリーダーシップ II
指導者研修
問題解決法
院内研修講師の技術
コスト管理
レベル IV看護研究指導者研修
看護倫理事例検討
推進者研修
医療安全管理
メディエーション

研修計画・内容

レベルI
看護技術オリエンテーション4月5~9日
基礎看護技術の知識・技術の準備ができる
(尿道カテーテル 排泄 浣腸 血糖)
感染・医療安全での手順の確認
(針刺し事故予防 サーベイランス/薬剤の話)
侵襲を伴う技術の実施で苦痛体験をする
静脈注射 吸引 胃管
褥瘡予防(除圧 エアマット ポジショニング)
病棟ローテーション研修4月11~30日
各病棟で設定した看護技術の実施
確実に実践できることを増やす
繰り返し行えるようにチェックリスト使用する
病棟で役立つ看護技術
医療安全(転倒転落を防ごう)
ME機器①
5月30・31日
酸素の看護/内服の調べ方など
スキンケア DESIGN-R 報告書 ドレッシング材
褥瘡ケア②
現場にでてからできる実践基本の習得
輸液ポンプ SATモニター ネブライザー(3時間)
記録(日々の記録の書き方)
医療安全(抑制、転倒転落)
救急看護~今、私ができること
ME機器②
6月(1日)
救急看護の基本的知識の習得(BLS基礎知識講義)
チームとしての救急看護の役割をしる
ME機器の使い方をしる(シリンジポンプ EKGモニター)
目標確認研修7月(1日)
3カ月を振り返って 進んだ距離測定
ポートフォリオ 技術チェック
看護技術 レベルアップ研修9月(1日)
成果を他者チェックし習得の確認をする
自己の振り返り シュミレーションテスト
基本的技術や習得を自己チェックする (知識テスト)
看護倫理研修10月(0.5日)
倫理綱領に基づいて医療人としての基本的倫理を知る
野外研修11月(1日)
院外研修 リフレッシュし、明日への活力を養う
看護を語ろう/オリエンテーション
最終目標確認研修
12月(0.5日)
看護を語ろう(準備編)・・・発表用紙の説明
看護観や看護の意味を見出していく
後期の看護技術チェックで残された課題を明確にする
看護を語ろう2月(0.5日)
看護を語ろう(発表編)・・・GW各自発表
同期仲間の考えを聞き自己の看護も深める
看護技術 達成確認研修3月(2時間)
看護技術チェックリストに準じて達成率を明確にする
次年度の自己の課題を立案
レベルⅡ
目標確認研修(成果発表)5月(0.5日)
1年間の自己成長のための学習を考える(自部署での自立)
昨年1年間の成果を確認し残された課題を明らかにする
(残された看護技術修得のための学習計画立案)
救急看護 レベルアップ9月
緊急時の対応、基本的知識を再確認する
あやふやな知識や技術を明らかにする
救急対応の技術獲得(2つの役割は獲得する)
メンバーシップ11月
メンバーとしての位置付けをしる
チームのなかでの自己の位置づけを確認する
報 連 相の意味を考える(コミュニケーション技法)
病棟移動 出張研修11月~3月(5ヶ月間)
自己の未収得技術に合わせて出張研修を実施する
他部署でしか獲得できない技術を修得する
(基本は2週間の研修)
病棟移動 出張研修10月
立ち止まることで自己の看護観の抽出作業をする
看護研究メンバーへの前段階として絞り込み
用紙に慣れる
症例検討発表会2月
自己の看護を振り返りまとめ、発表できる
プリセプター研修 実践編7月
プリセプターとしての指導技術の獲得
プリセプティの目標確認
家族看護を考える家族を含めた看護を実践の視野を持つ
看護実践を通して事例検討
レベルⅢ~Ⅴ
コスト意識を持とう9月
ベッドの稼働率やDPCの基本的知識や情報を習得し、病院の経営のしくみを知る
指導的立場から、スムーズな転ベッドができる
リーダーシップ(2)
アドバンス編(2回)
6月~2月
組織の理解・・・組織図を使って事例検討
自己と役割のギャップ
  リーダーシップの実践スキル方法
ギャップを埋めるためにすることを実施まで
自分らしさをいかしたリーダー像とは
問題解決技法(3回)6月~2月
自部署の問題を明らかにし問題を解決できる
解決へむけてリーダーシップをとる
SWOT/GAP分析を使い 自部署の問題点を明確にする
分析、実施、評価までを年間かけて実施する
院内講師のツボ(2回)5月~2月
院内講師を実践するための基本を学ぶ
(方法やルールの知識獲得)
院内研修の計画を立案し実施評価する
看護研究の指導方法7月
看護研究の充実をはかるため指導
基礎知識の再確認をする
共同研究者としての役割をしる
看護倫理研修
ファシリテーター
6月~12月
倫理研修を通してファシリテーターの技術を身につけ、倫理問題を話し合う環境作り 風土つくりを実施するスキルをつける

レベルIV・Vは院外研修に自主参加

医療安全
5月 レベルV対象医療安全管理者研修
6月 レベルII対象あなたのリスクセンスを磨こう!KYT
7月 看護補助者安全な環境って何?
9月 レベルIII対象医療安全におけるチームトレーニング
10月 レベルIV・V対象RCA分析
2月 レベルIV対象苦情・クレームはあなたの対応で決まる
トピックス
看護補助者(選択式)9月 褥瘡予防の知識(選択式)
  • ○褥瘡予防の基礎的知識の獲得
  • ○褥瘡予防の視点 ポジショニング エアマット体験
  • ○ポジショニング エアマット体験
  • ○背抜きなど普段の業務にとりいれていける実践
看護補助者(選択式)11月 高齢者体験、感染予防の知識
  • ○高齢者の気持ちになり普段の声掛けを考える
  • ○感染の基本的知識の習得と業務の見直しができる
看護補助者(選択式)1月 食事介助
  • ○食事介助の基本的知識の習得
新入職者5月 記録の基本
  • ○日頃の記録SOAP展開についてデーターベースのとりかたについて
看護職  II~III 未定 記録の基礎
  • ○正しい記録についての知識の再確認
看護職  II~III未定 記録監査方法
  • ○正しい監査方法の知識の獲得
  • ○記録監査事例展開
看護職  II~III9月以降 重症ケア看護、基礎コース
  • ○重症ケアの知識を獲得し実践できる基本的な知識や実践を行う事で個人のレベルアップをはかる

※選抜メンバー 途中参加不可
看護部職員7月・10月・2月 看護倫理研修
  • ○現場でおきている看護倫理の問題を共有する場をもち自己の倫理観を振り返る